読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOG

りらっくまと、あと、なんか色々なこと。

社会人0歳

社会人生活スタート

すでに3週間経ってるのは内緒。

最初は座学ばっかりだけどロープレとか始まったあたりからすごい褒められる。社長も、取締役もびっくりするくらいみたい。なんでだろう。

あと、昨日はとってもすごい日だった。初めての飛び込み営業。不安になりながら、泣きそうになりながら頑張った。間に合わなそうになっても走り続けて、御願いをして、なんとかミッションをクリアした。そしたら社長にも、課長にも褒められて、今度上司同行で追求にいける、嬉しい。嬉しいなあ。

私は、私のやり方は合っていたんだ。一つずつ、答え合せをしているみたい。ちゃんと私を見てくれる大人って今までなかなかいなかった。周りの同い年の人たちには見えないものだったのか、背伸びしすぎていて、あわなかったのかな。でも、やっと。

逆に、自分に自信なかったり、自分を責めることや心配することなんかの方を注意される。私はそれもあって、成長できるのかなとおもうけど。もっと上へって、目指すよ。楽しいな。

 

恋のスタート

昨日、合同研修で仲良くなった伊波くんと飲みにいった。おんなじタバコを吸ってて、おんなじ会社用の携帯持ってて、おんなじウザい同期をもってて、おんなじ考えかただったりして、それで、お互い同じにおいがするって、初めて喫煙所出会ってから思ってて、最初からこうなる気がしてたって向こうが言ってくれた時、あーって、なった。

カラオケうまかったな。

全部が居心地よくてにやけてしまった。

そのままホテルいった、初ホテル笑。次の日起きて、付き合うことに。なんと早い。お互い直感だけど、なんか、こういうのもあるんだなっておもった。今後どうなるか。

それから、帰りの電車で、鈴木さんをおもって泣いてた。今までいた思い出、冷たくすると怒る、メンタル弱いから、なんて話せばいいかな。

幸せになりたかったんだけどな、いつの間にかこんなにも複雑に拗れてしまった。

明日会うけど、どうしよう。ね。恋愛てなんでしょう。終わってしまったものが美しく感じるだけなんかな。

 

f:id:naty4:20170415225835j:image

 

 

いつでも捜しているよ

どっかに君の姿を
向いのホーム

路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに


願いがもしも叶うなら

今すぐ君のもとへ
できないことは

もうなにもない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

 

寂しさ紛らすだけなら
誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから
自分をいつわれない


One more time

季節よ うつろわないで
One more time

ふざけあった時間よ

 

いつでも捜しているよ

どっかに君の姿を
交差点でも

夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら

今すぐ君に見せたい
新しい朝

これからの僕


言えなかった「好き」という言葉も